ビーバーハウスで理想の住宅購入【グラグラ地震にビクともしない】

不動産

見学する事が大切

検査や施工内容をショールームで見学

インテリア

三栄建築設計では、よくショールームを各地に展開しています。大体展示場と言うと、デザインや新築の雰囲気を楽しむイメージがあります。しかし、三栄建築設計では施工の詳細な内容が展示されており、実際の工事の仕組みを把握する事が出来ます。購入を躊躇している方にとっては非常にためになる内容となっており、ただ遊びやリラックスのために訪れる場所なわけではない事が分かります。難しい事が分からない方であっても、おおまかに理解するだけで十分納得の行く見学になります。細かな地盤の検査や作業のフローを見る事で、安心感が得られると言うのは非常に大きなポイントです。自分には難解で理解できないと言う場合は、側にいる担当者に伺ってみるのも一つのポイントです。

木材に起こるゆがみの影響を抑える技術

日本の木材等に特徴的に見られるゆがみの特性は、建築時に悪影響を及ぼしてしまいます。外国から仕入れた木でもそうした傾向が見られる場合もありますので、普通の設計では不具合が出てしまう可能性があります。三栄建築設計では、特殊な技術を用いてそのゆがみをなくす取り組みをしています。木自体の加工によって変化するのを防ぐ方法もありますが、三栄建築設計では部品に主にこだわっています。木と木を繋ぐ部分に用いる部品に丈夫なものを使用する事で、その接合部分を非常に強固なものにします。頑丈で耐震性にも優れた非常に心強い製法となっています。長年使い続けられている信頼の技術で、その耐久性も保証されています。建築時には木の品質だけでなく、使用されている部品や道具にも注目してみましょう。